ホーム > メールマガジン > 39 60年前の武蔵野

39 60年前の武蔵野

「ここに和菓子屋があったはずなんだけど」

60年前を思い出しながら歩く父の目は、遠くを見ていた。

吉祥寺の駅前は相変わらず人ごみだ。 ちょうど今、駅ビルを建てなおしているが、父の目には、その取り壊すビルさえ新し いものだろう。

 

その日の朝、ポレポレ東中野で上映中の「流(ながれ)」を父母を連れて見に行っ た。 もちろん、僕が音楽を担当しているから、というのが主な理由だ。

村上浩康監督のドキュメンタリーで、神奈川の愛川町に流れる中津川に住む生き物を 守る二人の老人の話だ。 80代のお年寄りが信念を持って、誰にも知らずに絶滅に瀕する小さな生き物を守ろう とする姿は、感動せずにはいられない。 父がこんな気持ちになったのは、映画のせいかもしれない。

 

父は18歳ぐらいの時、吉祥寺からお菓子の箱を電車で運ぶアルバイトをしていた。

10代の朴訥とした父の姿を想像しながら歩いた 。

「すっかり変わっちゃったなあ…あ、あの和菓子屋が洋菓子屋になってる!すごいな あ、まだ頑張ってるんだなあ。」

「ねえ芳晴、こんどは中島飛行機工場跡に行こうよ」

 

武蔵野中央公園。 そこは、その昔飛行機のエンジンを作っていた工場で、昭和19年の爆撃で何百人も亡 くなったそうだ。 僕は父がトイレに行っている間に、管理棟に入って事務の人に聞いてみた。

「ここは飛行機工場だったそうですね」

事務の女の人は、写真入りの資料を持ってきてくれた。

中島飛行機は戦争が終わった後、米軍の宿舎になった。

将校用の豪華な宿舎だったそうだ。

でもそれもやがて廃止になって昭和40年代に取り壊され、市民の憩う公園になった。

 

見渡すと、広々とした敷地に子供たちが遊びまわっている。お母さんたちも。 その姿は平和そのものだ。兵器工場があったなんて面影は少しもない。 人は今見えるものしか見ないが、自分の立っている場所にだって相当な歴史がある。 そしてこれからも果てしなく続いていくのだ。

 

「このあたりに、パパが住んでいたアパートがあったんだ」

今は歯科医院になっているが、どうやら立ち並ぶ木立に昔の面影がわずかにあったら しい。父が興奮して「ここ、ここ、間違いない」と言った。

日が暮れかかっていた。もう帰る時間だ。

「もう少しで終わるから…もう一箇所ね」

母は、「私はここで待ってるわ」と言いながら、ノートを取り出していた。

ははあ、きっと僕たちの後姿を見ながら、短歌を一句読むのだろう。

父は昔の記憶を、僕はまだ見ぬ面影を描きながら足早に歩いた。

「この先に神社があるはずなんだ」

はたして、木立の中に小さな神社があった。

僕たちは中に入った。 するとそこに、小さな古い井戸があった。

「60年前…この井戸に腰かけて、物思いにふけっていたんだよ…」

 

すると、ガラガラと戸が開く音がした。

神社のわきに住居があり、そこから出てきた年配の女性が、いぶかしげにこちらを見 ている。 父はあわてて立ち去ろうとした。何しろ恥ずかしがり屋なのだ。

僕はそのままおばあさんのところへ歩み寄り、

「父が60年前…あの井戸に腰かけて物思いにふけっていたそうです」

自分でこう言いながら、親子ってやっぱり似てるのかな、と思った。

 

 

———————— ◆◆芳晴ライブ情報◆◆ ————————

 

◆2012年12月8日(土) 建長寺・親と子の土曜朗読会

 

人気の建長寺朗読会。 芳晴の友人である菱田光彦さん作「たぬきの母さん」をお届けします。 かわいいけれど、ちょっぴり悲しいお話です。

※午前10時から開演前、20分ほど座禅タイムがあります。 建長寺の拝観料のみ必要。 大人300円 子供100円

建長寺 親と子の土曜朗読会 (主催:鎌倉春秋社)

【アクセス】 JR東海道線大船駅乗り換え、JR横須賀線北鎌倉駅より鎌倉駅方面に向 かって徒歩約15分またはJR横須賀線鎌倉駅より北鎌倉に向かって徒歩約30分 ※山門を入って左側を行くと、朗読会の看板が掲げてあります。 建長寺 〒247-8525 神奈川県鎌倉市山ノ内8 電話 0467-22-0981

 

◆2012年12月15日(土)、16日(日)

劇団ほおずき「金のがちょう」@府中文化センターひばりホール

 

劇団ほおずきの季節がやってきました。 今年は「金のがちょう」。

もちろん芳晴の曲も劇中でたっぷり聴けます。

そして終わった後にみんなで歌おう!コーナーもあり。

ぜひみんなでお出かけください。

 

【出演】 劇団ほおずき  芳晴

【時間】 15日 ① 開場 14:30 開演 15:00 ② 開場 17:30 開演 18:00       16日 ① 開場 10:30 開演 11:00 ② 開場 14:30 開演 15:00

【料金】 3歳児以上 500円

【場所】 府中文化センターひばりホール

【お問い合わせ】 劇団ほおずき 090-4012-9660 rakuten.co.jp/hoozukimyue/

 

◆2012年12月22日(土) 芳晴ライブ @ 新小岩CHIPPY

今年最後のCHIPPYです! ピアノのシモシュを迎えて、楽しくいこう!

【出演】  芳晴(歌、ギター、二胡 他) シモシュ(ピアノ)

【時間】①20:00 ②21:00 ③22:00

【料金】music charge ¥2000(入れ替えなし)

【場所】サウンド・ミュージックバーCHIPPY 東京都江戸川区松島3-15-10 2F           Tel 03-3653-1253     総武線新小岩駅からアーケード商店街をまっすぐ、徒歩10分。

 

◆2012年12月29日(土) 芳晴ライブ@八王子ふらっとん

今年最後のライブです! ピアノのみっきいと一緒に盛り上がりますよ。飛び入り歓迎!

【出演】芳晴(歌、二胡、ギター、他)     みっきい(ピアノ)

【時間】①19:30 ② 21:00

【料金】Table Charge ¥500 Live Charge ¥1000

【場所】ライブ酒場 ふらっとん

東京都八王子市横山町8-9セイシンビルⅡB1

Tel (042)642-6205

 

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る