ホーム > メールマガジン > 37 カズーの作り方

37 カズーの作り方

カズーという楽器を知っていますか?

 

アフリカが発祥だと言われているけど、詳しいことはわからない。

吹きようによっては、低い音はサックスのように、高い音はトランペットをミュートしたときの音(ラッパのところにボールみたいなのをかぶせる音)のようにも聞こえる。

僕が最近いろんなシーンでこれを吹くと、多くの人が興味を持ってくれる。

「これは何という楽器ですか?」

そりゃそうだ。こんなに小さくていろんな音がでるのだもの。

知らない人の「羨望の眼差し」が心地よいので、秘密を教えたくないのだが、ついつい黙っていられなくなり、誘惑に負けて教えてしまうのだ。

これは笛ではなく、「歌う」楽器だということを。

 

カズー1

 

このあいだ、銀座で東北物産展があった。僕はそこでのゲストを務めた。

ピアノはみっきいさん。彼女も隠れカズー吹き(笑)

 

僕のステージは「癒し系」と言われて久しい。

でも、イベントでは「まったり」しすぎても退屈がられてしまうので、なるべく元気な曲をやらなければならない。

そこでこのカズーが活躍するのだ。

 

モーツァルトの「トルコ行進曲」を超絶技巧(笑)で弾きとばし、そのあと僕は10本ほど作って用意してあったカズーをみっきいさんに頼んで配ってもらった。

子供が多いだろうと踏んでいたのだが、実際は大人の方が多かったのは誤算だった。

「1、2、3、はい!」

妙なハイテンションで観客をリードする僕と、口にカズーをくわえて所在無げにしている大人たちの客席には、諦めと一種の「宗教的高揚感」に似たものが漂っていた。

こうして結局、チャリティーライブは大いに盛り上がったのであった。

 

 

さて、ここで皆さんにカズーの作り方を伝授しよう。

いろんなやり方があるが、僕はたくさん作って子供たちに配りたかったので、「とにかく早く」作れる方法を考えた。

慣れれば1,2分でできるはずだ。

 

芳晴流・カズーの作り方

用意するもの:ホースを短く切ったもの 薄いビニール袋 ハサミ セロテープ

 

     ビニール袋を四角く切る。

 

カズーの作り方1

 

     ゆるくホースの先に貼る。

 

カズーの作り方2

 

     3か所テープでとめ、1か所は残しておく。

 

カズーの作り方3

 

     反対側から声を吹き込み、うまく音が出る穴の開き方を調整して出来上がり。

見た目が気になる場合は、カラーのビニールテープやリボンを巻くのもいい。

 

カズーの作り方4

 

そう、息を吹いても音は出ない。「声」を出さなければ。

でも先日、あるコンサートでは4歳くらいの子供が、何度教えても息を吹きこむだけで結局声を出してくれなかった。

この時ほど自分の無力を感じたことはない。

 

しかし何事もあきらめてはいけない。

僕は今日もせっせとカズーを作るのであった。

 

 

———————-

◆◇芳晴ライブ情報◇◆

———————-

■ 2012年6月30日(土) 芳晴ライブ @八王子ふらっとん

 

前回も登場したピアノウーマン、みっきいがゲスト!

 

【出演】:芳晴(歌、二胡、ギター、他)

    みっきい(ピアノ)

【時間】①19:30 ② 21:00

【料金】Table Charge ¥500

    Live Charge ¥1000

【場所】ライブ酒場ふらっとん http://www.flatton.com/

東京都八王子市横山町8-9セイシンビルⅡB1

 

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る