ホーム > メールマガジン > 22 ラーメン屋での出来事

22 ラーメン屋での出来事

「はい!ギョーザ一皿!どーぞ~!!!」とやたら大きな声が響く。

小さな厨房を囲むカウンターだけの、小さなラーメン屋である。 どんなに多くても10人は座れないだろう。

その日のライブは、恵比寿・天窓switch「いい歌たっぷり福袋」。

震災の影響でドタキャンした2組のグループの穴埋めで、僕と平方トーマス元ちゃん(Vo、ピアノ)、そしてララリーヌ(Vo)とneomii(Vo)の即席ユニット「弁天姉妹」が友情出演した。最初は様子をうかがっていたお客さんも、しまいには喜んで大合唱。大いに盛り上がったのであった。

そして例のごとく、また終電を逃してしまった僕と元ちゃん、ララリーヌの友達のあべさんを加えた4人は、とりあえずララリーヌの地元、高円寺に向かった。

「やたら元気な中国人店長のお店に連れてってあげる!味はともかくだけど(笑)」

 

東高円寺の駅すぐ近くに、その店はあった。 僕たちは上機嫌で、超元気な中国人店長、王さんの料理とおしゃべりを楽しんでいた。

「さっきまでは、『お客来ない!』って不機嫌だったのに」

と、先に来ていた常連客の男性が言う。

「そんなことないよっ ワタシいつも上機嫌よ」

すっとぼけた感じがまたいい味を出している。

もちろん料理のほうも、なかなかおいしい。多分に店長の底抜けの明るさも手伝っているに違いないが。 アルコール50%以上の老酒に、ハブを漬け込んだ酒を回し飲みする頃には、そんなこんなでみんないい気分になっていた。

 

ララリーヌが「王さんに二胡聴かせてあげなよ」という。

「それなら」と僕は二胡を取り出して、中国語入りで「草原情歌」やら、「賽馬」をやった。 「あなた、うまいな。日本人ですか」店長や常連客は大喜び。

 

そんなうちに、女の子2人が入ってきた。

カラオケ帰りで東方神起やTMレボリューションを歌ってきたんだそうだ。

元ちゃんが、やおら僕のギタレレ(ミニギター)を取り出し、 「いや、俺はギタレレは嫌いだね!マジで弾きにくいから」 とか何とか言いながら、軽々と歌ってみせる。

そしてついに出たのは、元ちゃん十八番「一人We are the world」」

場末のラーメン屋がUSAに。 (ちなみに、今夜はシンディー・ローパーはお休みだったそうで、そのパートはいきなり松崎しげるが登場していた)

ララリーヌもこの手の展開は大得意である。 誰よりもノリノリで、「上を向いて歩こう」などを歌いまくる(笑) 店内は興奮の坩堝と化し、もはや、この熱烈ラーメン・ライブは誰にも止めることができないかに思われた。

 

その時である。 ガラガラと戸が開き、入ってきた3人組があった。

二人のリーゼントの男性(40代と20代)と、黒っぽい服を着た20代の女性。

店長、「この人たちも、六本木のプロのミュージシャンね」

六本木、リーゼント… もしかして、ケントスあたりのミュージシャンか! 僕はうれしくなり、 「20年以上前、僕もよく遊びにいったんですよ。懐かしいなあ」とか、 「僕もその頃、歌舞伎町のアムトラックでロカビリー歌っていたんですよ。一晩5ステージ。きつかったなあ(笑)」とか話しかけた。

相手がミュージシャンとわかれば、セッションしたくなるのが僕たちの性なのだ。そして相手もそうであるに違いない、と勝手に思ってしまう単純な生き物でもある。

しかし、2人の男は動ずる気配もなかった。 若い方が「まあ、お店に来てもらえれば、ボトルくらいは出しますよ」と言い、女は如才なく笑う。 その一瞬、僕は埋めることのできない距離を感じたのであった。

考えてみれば、ここはラーメン屋。ライブハウスではない。そして、プロとしてこんなところで軽々しく歌っては、自慢のリーゼントが泣くというものだろう。

「ねえねえ!そこのワルっぽいお兄さんたち!よかったら一緒に歌わない?」 (ララリーヌ、よせったら!)

「歌・い・ま・せ・ん」

ここで第2部終了!のベルが鳴った。

 

高円寺の夜は何事もなかったように、静かに更けていった。

帰る道すがら、僕は星を見上げながら誓った。

「俺は絶対プロになんかなるもんか」

 

もうなってるやん。

 

 

——————

◆芳晴ライブ情報◆ 明後日です!

■2011年5月21日(土) 芳晴ライブ@新小岩CHIPPY

【出演】: 芳晴 (歌、ギター、二胡 他)平方トーマス元(ピアノ、歌)

【時間】20:00 ②21:00 ③22:00 【料金】music charge ¥2000(入れ替えなし) 【場所】CHIPPY http://www.chippy.jp/ 総武線新小岩駅からアーケード商店街をまっすぐ、徒歩10分

 

■2011年5月22日(日) 芳晴ほわほわコンサート @宅老所「すずかけの家」にて

山里は好きですか? 神奈川県相模原市、旧藤野町。(今は緑区、牧野地区)

小さなコンサートのご案内です。

僕の住んでいる家から歩いて5分のところに、古民家を改造した宅老所(デイサービスを中心にした老人ホーム)があります。

庭にはプラタナス(すずかけ)。それが名前の由来になっています。 僕は時々そこにぶらっと行っては、懐メロなんかをみんなと歌ったりします。 今回は、陶釉舎主催の「ぐるっと陶器市」に合わせて開催されます。 晴れたら庭で、ゆったりと一緒に歌いませんか? 地元のステキなお母さんたちの屋台もありますよ。

 

【時間】 ①11:00 ②13:30 【料金】 無料 投銭歓迎

【場所】 すずかけの家http://homepage3.nifty.com/suzukakenoie/index.html          神奈川県相模原市緑区牧野1987

◆ (お車でお越しの場合) 中央自動車道「相模湖・藤野IC」より国道20号線経由約20分     国道412号「相模湖ピクニックランド」前より県道517号線へ入り約10分

◆ (電車・バスでお越しの場合) 中央線「藤野駅」から「やまなみ温泉」経由「篠原」行きのバスに乗り継いでください。    但し、本数はすごく少ないです。(時刻表を確認のうえお越しください。) グ-グル・マップでの地図>>

 

■2011年5月28日(土) 芳晴ライブ @八王子ふらっとん

毎月最終土曜日は、八王子ふらっとん芳晴ソロライブ。 癒しの歌声、二胡&ギター。飛び入りも大歓迎!

【出演】:芳晴(歌、二胡、ギター)

【時間】① 19:30 ② 21:00

【料金】Table Charge \500 Live Charge \1000

【場所】ライブ酒場 ふらっとん http://www.flatton.com/  東京都八王子市横山町8-9セイシンビルⅡB1 Tel (042)642-6205

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る