ホーム > メールマガジン > 16 トリツカレ男

16 トリツカレ男

新年明けましておめでとうございます。

(あ、もうとっくに明けてる)

今年もよろしくお願いします。

 

ここ2年以上、僕は朝の散歩で笛を持ち歩いて吹いている。

誰もいない山の中で、「ピー!」とやるのは気持ちいいものだ。

その笛も、ここ2年の間に随分変化した。

 

最初は、スライドホイッスル。シリンダーの先に笛の吹き口がついている、あの「おもちゃ」のようなやつだ。

「何でみんなこの笛を効果音にしか使わないのだ?」

僕はこれに没頭した。何とかきれいなメロディーが吹けるように練習した。

ただ問題は、低い音のときに息が漏れて、音がきれいに出ないこと。改造したり、シリンダーの内側に油を塗ったりして、何とか息が漏れないように工夫したものだ。

 

次は、ティンホイッスル。

これは、アイルランドの笛で、19世紀にイギリスで生まれた。あの映画「タイタニック」のテーマ曲に使われた笛だ。

ただ吹くだけだと何の味もないようだが、装飾音やスライド(音程を滑らかにクイっとかえるテクニック)を使うと、実に味のある音になる。

結構上達(?)して、今年の「フジノキッズシアター」の「銀河をこえて」(原作・宮沢賢治・銀河鉄道の夜)ではなかなか活躍した。

 

そして今は、オカリナ。

オカリナの魅力はなんといってもあの丸くて優しい音色だ。

だが、僕が今まであまり手を出さなかったのは、音域の狭さ。1オクターブと半分くらいしか出ない。これでは僕の好きな曲は半分くらいしか吹けない。

そう思っていたら、なんとダブルオカリナ(2本のオカリナが1本にまとめてある)があるそうじゃないか。

吹き口は当然2つになり、相当熟練が必要と見たが、ええい、ままよ!

と買ってしまった。

STLのダブルオカリナというやつ。結構値が張る(16000円)

しかしこれ、真っ黒で、通常のオカリナよりも穴の数が多いからプラネタリウムの星を映す機械に似ている。

あるいは、トトロに出てくる「真っ黒くろすけ」みたいで、とてもかわいい。

明日、チピイでライブだから披露しようかな。

しかし…

僕は結構、の「トリツカレ男」かもしれない。(笑)

でも、歌と二胡、音楽には取り憑かれっぱなしだ。

 

 

注:「トリツカレ男」=いしいしんじの短編小説。いろんなものに取り憑かれたように熱中する男の話。

 

—————————————————-

芳晴ライブ情報

—————————————————-

明日22日(土)はチピイでライブです!

 

■2010年1月22日(土) 芳晴 新春ライブ @ 新小岩chippy

2011.01.01 Saturday音楽19:07-trackbacks(0)by 芳晴

明けましておめでとう!

新春ライブは、あなじみ新小岩チピイで!

さらにパワーアップした芳晴に会いに来てね!

 

出演】芳晴 (歌、ギター、二胡 他)平方トーマス元(ピアノ、歌)

【時間】①20:00 ②21:00 ③22:00 music charge ¥2000(入れ替えなし)

【場所】Chippy  東京都江戸川区松島3-15-10 2F  Tel 03-3653-1253

総武線新小岩駅からアーケード商店街をまっすぐ、徒歩10分。

http://www.chippy.jp/

 

 

■2011年1月29日(土) 芳晴新春ソロライブ @ 八王子ふらっとん

 

芳晴新春ライブ、八王子ふらっとんで会いましょう。

何が出るかはお楽しみ!

 

出演:芳晴(歌、二胡、ギター、他)

① 19:30 ② 21:00

Table Charge ¥500 Live Charge ¥1000

ライブ酒場 ふらっとん

東京都八王子市横山町8-9セイシンビルⅡB1 Tel (042)642-6205

http://www.flatton.com/

 

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る