ホーム > メールマガジン > 13 中国の旅から10周年

13 中国の旅から10周年

僕が2000年に中国の旅へ出かけてから、この9月で10年になる。

たった1ヶ月の貧乏旅行だったが、得るものは大きかった。何しろ30代半ばまで、僕は海外を一人旅したことなどほとんどなかったのだ。しかも、行き先は子供のころから憧れていた中国。

僕に二胡をプレゼントしてくれた友人、顧さんの住む国である。

「中国の旅10周年」を記念して、このメルマガに数回に分けて連載してみたい。

 

「また迷っちゃったよ」とぼやきながら、僕は歩き回っていた。

幸い、小龍包をたらふく食べたので、お腹は空いてない。

 

西安は唐の時代、長安の都として栄えた。

往来はいろいろな顔をした人々が行き交い、市場では果物、香辛料、ペルシャの絨毯など、ありとあらゆるものが取引され、文字通り世界の中心のひとつだったところだ。

その世界の中心で、僕はまたもウロウロ歩き回っていた。

 

地図を見たり人に聞いたりして、やっと見つけたバス停。

意外に早くやってきたバスは、ごった返していた。

車掌さんは大きな声で、「はい、乗る人いないか、いないか、いないか!」と怒鳴っている。

満員になるまで待つつもりらしい。

やがてバスは走り出した。しかし道が悪く、ものすごく揺れるので、僕は必死にしがみついていた。

しばらく乗っていると席が空いたので、僕はやっと座ることができた。

すると大きな荷物を抱えたおばあさんがヨロヨロ入ってきた。

これを見過ごすようでは日本人青年の名折れである(笑)

「請座(チンツォ、どうぞ)」僕は席を譲ってあげた。

 

その様子を見ていたちょっときれいなおばさんが、僕に話しかけてきた。

「揺れるでしょう」

「ええ、まあ、大丈夫です」

そのおばさんと僕はすっかり仲良くなった。

「僕、中国の歌、結構知ってるんですよ」

僕は小学生のころ、NHKの中国語講座を見ていた。その中で紹介される、中国の歌を覚えていたのだ。

文化大革命の嵐もさめやらぬ頃で、毛沢東賛美の歌もある。

日本人がこのような歌を知っているとは珍しかったらしく、それからおばさんと僕は、揺れてひしめくバスの中で、いっしょに歌って過ごした。

 

もう辺りはすっかり暗くなっていた。バスは西安市内に入ったようすだ。

「どこに泊まっているの?」

「ええと、人民大厦…」

「ああ、人民大厦ならもちろん知ってるわ。道を教えてあげる」

 

はて?

僕が泊まっているのは1泊50元(800円くらい)の安宿で、一部屋3人~6人のドミトリーだ。

外国人のバックパッカーに人気があるとはいえ、そんな場末の宿を、このおばさんは知ってるのか?

もしかして…俺をだまそうとしているのか? 僕は一瞬不安になった。

 

「ほら、ここよ」

「え?ここですか?」

確かに「人民大厦」と書かれた高級ホテルが、目の前にそびえている。

 

僕はあわててバスの中の彼女に手を振った。

「ちがうよ!ここは人民大厦!僕が泊まっているのは人民大厦公寓…!」

しかし彼女は、バスの中で微笑みながら手を振るのだった。

 

「また迷っちゃったよ…」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ライブのお知らせ☆

※芳晴メインではないライブも載せています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■2010年9月11日(土)芳晴ライブ in 新小岩チピイ
http://www.chippy.jp/

新小岩の隠れ家的スポット。
7月から2ヶ月ぶりです。ピアノの元ちゃんも元気ですぞ。

出演:
芳晴 (歌 ギター 二胡 他)
平方トーマス元 (キーボード 歌)

①20:00
②21:00
③22:00
music charge ¥2000 入れ替えなし

music bar CHIPPY
東京都江戸川区松島3-15-10 2F
Tel 03-3653-1253
総武線新小岩駅からアーケード商店街をまっすぐ、徒歩10分。

■2010年9月12日(日) スピうた祭 vol.1 in 「座 高円寺」

女性ボーカルneomiiさんのグループです。
芳晴は主に二胡で参加しています。

【会場】座 高円寺http://za-koenji.jp/
(高円寺駅から新宿方面へ線路左側の道を直進、環七近くの左側の黒い建物)

【開場】12:15
【開演】13:00
【料金】前売り予約¥1000 当日¥1500

※芳晴は neomii&the MoonBowで出演。

【出演者】
ナラカズヲ: music
neomii&the MoonBow:music
ジェイ神原と笑い隊:warai kikou
春田友希:crystal bowl
新垣美奈子:lyer and song
和賀昌司:dance
三島ミキヒサ:vj
司会 松尾直子
展示 芳川暢洋:art

お問い合わせ→03-5932-7725笑い気功協会

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る