ホーム > メールマガジン > 9 ドラえもんのポケット、役に立つ

9 ドラえもんのポケット、役に立つ

「いやあ、もう大変だったよ」と笑う。

なんだかんだで、シモシュと今年会うのはこれが最初である。

つい先日引っ越したばかり。

まだ完全には整理がついていないスタジオの中に、ど~んとスタインウェイが置いてある。

そこは飯能市の郊外にあり、元は工場だったところをこつこつと改装したそうである。

とにかく、あれよあれよという間に事務所&スタジオの移転が決まり、あわただしく引越し&改装して最初のレコーディングだったというわけだ。

 

「二胡の他に、何か和ものの楽器を持ってきてくれない?三味線とかの類の」

「ほう…琵琶ならあるけど…バンジョーなんかどう?」

「いやいや琵琶がいい」

なんて会話を2日前にした。

今回は二本松はじめさんというシンガーソングライターのアルバムで、僕は参加は2回目。とにかく今回はなかなか意気込みを感じる。

 

レコーディングは順調に進み、二胡の感動的なフレーズ、コーラスを取り終えて、次は琵琶!といっても薩摩琵琶とか筑前琵琶ではなく、中国琵琶。

これは竹のフレットが半音感覚でついており、ギターに似た感覚で弾ける。

ジャンカジャンカ。

沖縄のエイサー風の元気なサウンドが出来上がった。

 

「さて、次は、この間奏なんだけど」

ロックンロール風の曲だ。

僕はウェストポーチを探る。

あ、あった!

 

カズー。

 

これは、口で吹く楽器だが、笛ではない。そう、歌を吹き込むのだ。

僕はブロンクスあたりの(知らないくせに)サックスプレイヤーになったつもりで、アドリブを吹きまくる。

 

「さて、次は、この間奏なんだけど」

君に会えてよかったよ、というバラード。

僕はウェストポーチを探る。

あ、あった!

 

ティンホイッスル。

 

これは、口で吹く楽器で、笛である(当たり前)

リコーダーに似ているが、音は少し味があって、イギリス北部の民族音楽が似合う。

僕はスコットランドに沈む麦畑で吹いているつもりで、ティンホイッスルを奏でた。

ちなみに、これが初めてのティンホイッスルのレコーディング、どきどき。

 

今日のレコーディングでは、4つの楽器とコーラスを吹き込んだことになる。

いやあ、楽しかった。

音楽万歳!

メールマガジンの登録、退会

メールマガジンの登録、退会は
専用ページから行うことができます。

アーカイブ

ページトップへ戻る